FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空気」の研究(山本七平) 

8か月ぶりの更新です。

一昔前にKYとか流行りましたよね。
自分も読めるほうではありませんが、会社の会議でも「空気」って確かにあります。
空気に逆らうとなんとなく違和感を感じたり、
偉い人の空気を利用して自分の意見を通したり・・

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))
(1983/10)
山本 七平

商品詳細を見る


一神教の国では絶対的なものは神のみで、偶像崇拝は禁止され神以外はすべて相対化される。
日本は汎神論(アニミズム)の国であり絶対化できる対象が無限にある。
対象の相対性を排してこれを絶対化すると人間はその対象に支配されてしまう。
それが「空気」

例えばコストダウンを絶対的に進めようと社長の号令があれば、なにがなんでも「コストダウン運動」が勃発する。
それは会社にとって決して悪いことだけでもないかもしれないが
どうしても短期的な「運動」におわり超長期的な計画性がなりたたない。

「空気」のもとに論理的に解決可能なことまでが判断の影響を受けることは
「一大社長平等社員」がもたらす全社員無責任につながる。
ワンマン社長やカリスマ部長は気を付けほうが良いですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。