スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EQこころの知能指数(ダニエル・ゴールマン) 

終身雇用制度の行き詰まり、成果主義の導入、企業の経営環境の悪化など部署間を超えたチームワークを維持することは並大抵のことではなく、個人の対人能力(コミュニケーション能力やリーダーシップ)に負うところが年々増えているのではないでしょうか?
本書初版単行本は1996年の発刊。ベストセラーということで『対人能力』に将来の不安を感じて購入しましたがその後今日まで読まれることはありませんでした。
その結果、不安は的中し小生の『対人能力』は大きく強化されておりません
EQ こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)EQ こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)
(1998/09/18)
ダニエル・ゴールマン

商品詳細を見る

EQこころの知能指数とは
・自分を動機づけ挫折してもしぶとくがんばれる能力
・衝動をコントロールし快楽をコントロールできる能力
・自分の気分をうまく整え、感情の乱れに思考力を阻害されない能力
・他人に共感でき、希望を維持できる能力

これらについてはIQとは違い脳の発達が著しい幼少までなら楽に獲得できるし、大人になっても『情動の自己認識(自分の気持ちを自分で理解する)』により身につつけることが可能だという。

最近来私の研究課題である『目標や計画』の達成においてもEQの有無が結果に影響しており、希望を持ち続ける能力が自分自身に高めの目標を課し、努力してその目標を達成することができるとある。
EQが高ければ努力や自己のコントロールが可能となり、その結果自己肯定感を持つことができ、難易度の高い課題に挑戦できるという好循環を生む。

450ページ以上あるが、結婚生活、職場、教育現場、医療の分野でのEQのもたらす効果と発揮の仕方が詳術されておりそれぞれの分野の方必見、内容も充実、堂々の熟本(今年一番)
続編の『EQリーダーシップ』の評判も高い。
ブログもうひとつの本棚』でも本書について違った切り口からご紹介いたします。
スポンサーサイト

プロカウンセラーの聞く技術(東山紘久) 

意を尽くして語り合えば、全ての人と理解し合える。
つい最近までそのように思っていたし、未だに思考回路にはそれが残る。
論理をぶつけ合い人間関係を壊していた幼さに気づく。
若い頃この人のためならと思い必死に仕事をした。
そのエネルギーは論理に基づき生じたのではなく、その人が好きだったから
ということに気づいた。

税込定価1470円(ブックオフで105円で購入)
プロカウンセラーの聞く技術プロカウンセラーの聞く技術
(2000/09)
東山 紘久

商品詳細を見る


相手の心は相手にしかわからないので、教えてもらうしかない。
最終的に相手に助言を与えるためには、心を開いて貰う必要があり
そのために自分の話はせず聞き役に徹する必要がある。
聞き手は相手の話に共感を持ちつつ、自分の気持ちで聞いてはいけない。
自分の気持ちが介入するとバイアスがかかり真に相手を理解できない。
自分の信念と反するものも決して否定してはいけないのだ。
カウンセリングの道はとても厳しい。

著者は京都大学の名誉教授。
本書の初版は2000年9月、2009年に62刷が発行、ロングセラーとなっている。
カウンセリングの基本からかなり踏み込んだ領域まで明かされており、
得るものがある1冊

スティーブジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ) 

地震の影響で関東への出張の予定が延期になり、皮肉なことに少しだけ本を読む時間が出来た。

税込定価1,890円(ブックONE発寒店にて525円で購入:Good Job!)
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る

400ページ近くに及ぶ頁数でAppleのCEO、スティーブ・ジョブズ氏の過去の伝
説的な新製品発売の際のプレゼンテーションについての解析しエピソード等の
紹介をしながら、有名企業のコーチを請け負う著者自身の持論を展開している。
ともすれば
・スティーブ・ジョブズ氏の伝記なのか、
・Iphoneを含むApple製品の紹介なのか
・プレゼンのコーチングなのか
良く分からなくなる一歩手前の微妙なバランスでなりたっている。

内容について本書流に【3点ルール】で心に残ったことをご紹介すると

一つ目 プレゼンの秘訣
盛りだくさんのプレゼンの秘訣から
①構想はアナログでまとめる(いきなりパワーポイントでスライドを作るな)
②禅の心で伝える(余分なものを排除する)
③練習を繰り返す

二つ目 Appleを知りアイフォンが欲しくなった(画像は2007年Apple基調講演)
http://www.google.co.jp/url?q=http://www.youtube.com/watch%3Fv%3DL0XeQhSnkHg&sa=X&ei=c1GFTZbvMM2ecZzoiJAD&ved=0CDkQuAIwAQ&usg=AFQjCNEn_SEv9qp_Y8l5GQaFsbsfsyTSww


最後にスティーブ・ジョブズ氏を知った(画像はスタンフォード大学で卒業式辞)
http://video.google.com/videoplay?docid=9132783120748987670
人生において一番きついことは希望をもてなくなることだと自分は思う
今日を精一杯生きることが明日に繋がる
点を繋げろ

被災された方々が一日も早く日常の生活に戻れますように

大人のプレゼン術(佐々木直彦) 

わたしゃ、口下手なコンサルタント
それも売りの一つです
しかしプロとしてそんなこたぁ言ってられない
税込定価1,470円(ブックオフにて105円で購入)

大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条
(2005/06/23)
佐々木 直彦

商品詳細を見る

著者は元リクルート社員
プレゼンの際の心理状況の描写や的確なアドバイスは参考になった。
本としてのまとまりも良いのだが既に絶版
(装丁が地味だったかしら・・残念)

以下は本書の要約(自分と相手がワクワクドキドキする10か条)
第1条(visionary prologue) ― はじめに自分のキーワードをつかって夢を語り、プレゼンのゴールを予告編として示せ。そうすれば相手はかならず結末が知りたくなる
第2条(logical & human touch) ― 「右手に骨。左手に物語」。プレゼンの構成は単純にしておけ。そして、いつでも相手にあわせて脱線して話せる物語をいくつか自分のネタの引き出しに入れておけ
第3条(win-win) ― 「やりたいこと」を「役に立てること」とセットにして話せ。そうすれば、相手は「やりたいこと」の実現を手伝う気持ちになってくれる
第4条(why) ― 伝えたいこと、わかって欲しいことの背景にある「なぜ」を腹の底から表現しろ。「なぜ」は、相手の心を動かす強いバネを持った言葉とロジックを生みだす
第5条(visual presentauon) ― たったひとつのビジュアルが、人を一瞬のうちにその気にさせ、場の空気を変えてしまう。下手でもいいから絵を描きながら考える習慣を持て
第6条(passion) ― 人間と人間は、目と目で通じあえることを忘れるな。たとえ相手が千人いても、それは変わらない
第7条(seven elements) ― カモデシャビトゲン。仮説・物語・データ・社会性・ビジョン・ときめき。元気と効力感。この七つがあれば、かならずいいプレゼンができる
第8条(live) ― どんなに手間をかけて準備してきたものも、いまこのとき目の前の相手にあわないとわかったら、捨てる勇気を持て。相手にあわせた切り替えが、かならず次の展開を有利にする
第9条(logical ending) ― プレゼンの最後は論理的に着地しろ。「お題」の答えが示され、導入で予告されたゴールに辿り着いたとわかれば、相手は安心して一番伝えたいメッセージを受けとめてくれる
第10条(optimism & belief) ― 通るプレゼンはかならず通る。通らない方がいいプレゼンは不思議に通らない。結果は神にまかせていい。大事なのは、未来を信じて自分を磨き前進することだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。