スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでもデブと思うなよ(岡田斗司夫) 

会社の健康診断が6月23日に決定、ひさしぶりでダイエットを決意した。

税込定価735円(ブックオフで105円)
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)
(2007/08/16)
岡田 斗司夫

商品詳細を見る


著者が言うように学歴主義社会が終わり「見た目主義」が台頭しているかどうかは分からないが、
キャラクターが第1印象に与える影響は確かにあると思う。
例えばメガネだと「知的」「神経質」「運動オンチ」等。
デブだとグルメレポーター以外のあらゆる職業でデブは損をする。
論理的に話しても論理的だと感じてもらえない。
知識を披露しても知的だと見てもらえない。
暑苦しくてさわやかさがないので営業や接客にも不向き。
どんなに企画力やや臨機応変の決断力があろうともデブというプラスのイメージが阻害されてしまう。
とダイエットへのモチベーション掻き立てる。

確かに上司は大食いで自己管理できない奴ときっとあなたをバカにしているだろうし、事務の派遣のオネーチャンは給湯室でハゲとかデブとかあなたに当り散らしているに違いない。
さー痩せるのだ。

体重、体脂肪率、全ての食事カロリー記録すると言うレコーディングダイエット。
簡単そうに書いているが、食べ物の重量を推測するのが難しい。
これがコンビニ弁当等主体の一人暮らしであれば楽チンと思う

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。