FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチング・言葉と信念の技術(落合博満)                 8月25日 札幌ビジネス読書会課題本① 

コーチング―言葉と信念の魔術コーチング―言葉と信念の魔術
(2001/09)
落合 博満

商品詳細を見る

本書もしくは昨年出版された『采配』を読むことが、昨日の読書会の課題でした
野球にそれほど興味がある訳ではなく、落合さんは三冠王をとったすごい人という程度しか知りませんでしたが、『オレ流』にはきちんとした理論的な裏付けがあるということがわかりました

読書会では理想のリーダーってどんな人?などについて話が盛り上がりました
その中でMさんのお話が大変参考になりました
・ぶれないこと(柔軟性は必要だがも理論的に説明できること)
・部下のことをよく見ていてくれること
・人望がある人 、ワンピースのルフィーみたいな人(何があっても仲間を助ける) 
無題
落合語録(オレ流・コーチング編)
・コーチは仕事を教えるものではなく、見ているだけで良い
・指導力のない者が、素質の高い者のの入り込んではいけない部分に入り、潰してしまう
・部下の置かれた立場を考え絶妙のタイミングで言葉をかける
・すぐに結果を求めるな大切なのは継続すること
・正しいやり方で他の人より努力を積み重ねることで成長できる
・感覚や時の勢いで物事に取り組む人は長続きせず成功しない
・欠点をなおすこと、それは良い部分が失われることでもある
・組織の上に立つものはマイナスの部分を他人に打ち明けたり、
感じさせたりすることは絶対に許されない

・部下が主体、理解して実行してくれなければ物事は前に進まない
・自分の部下を信頼できない上司はたいがい失敗している
・まず部下に腹の中のことを全部吐き出させよ
・過去に立派な経営者と言われている人は自分自身が看板だった
・自分に対して明確な目標を設定し、クリアしていくことでモチベーションは高まる
・周囲に目標を公言せよ、自ずとやるべきことが見えてくる
・他人との比較対照ではなく、自分が日々進歩していることを感じることが大切
・食事と睡眠が重要。無理をすると反動が必ず来る
・本当の自信とは感性を研ぎ澄まし、自分を洗脳することから生まれる
・試合に勝つという『目的』を優先させればしてはいけない勝負がある
・プレッシャーを克服するためには『やるべきことはやった』という実感を持つこと
・パーフェクトに近づくために時間と労力は惜しむな『練習量は嘘をつかない』
・結果が出なくても自分のたってきた『努力』までは否定するな
・チャンスはどんなかたちでやってくるかわからない、
だからこそ普段から真面目に努力すること
・人生で満点の回答はかけない。だから壁にぶち当たってもにげるな。
・結果がよかったから『ああ気分が良い』と眠ってしまう選手とホームランを打っても『明日はここを直さなければいけない』と自分なりに答えを出して次の日に練習する選手では大きな差がついてくる。

闘将、落合博満 を心のなかに刻み込みたい
ARB / 闘い抜くんだ ! (FIGHT IT OUT ! )
default_20120825114945.jpgdefault_20120825115125.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moyuuta.blog52.fc2.com/tb.php/57-2ea4bc86

第10回札幌ビジネス読書会を開催しました

札幌で読書会を開催している、社会人のスキルアップ支援家の宇山です。 今回で10回目となる札幌ビジネス読書会ですが、今回の課題本は二冊でした。 著者は前中日ドラゴンズ監督の
  • [2012/09/05 22:07]
  • URL |
  • 札幌ビジネス読書会オフィシャルサイト  |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。