スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風が強く吹いている(三浦しをん) 

読書会常連のTさんの【読まずに死ねるか】を読んだ
10人しかいないメンバーのほとんどが素人の学生
彼らが無謀にも箱根駅伝出場を目指す物語
風が強く吹いている (新潮文庫)風が強く吹いている (新潮文庫)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る

本書は読む人によって様々な楽しみ方ができるのではないだろうか
随所に宝石のような言葉や伏線がアンカーとして埋め込まれている

プロローグの万引き犯追跡の躍動感溢れる描写にグイと引き込まれ
学生たちの努力の成果を見極めたい心理であっという間にページが進む

誰一人欠けてもこの物語は成立しない
そのことが醸し出す緊迫感
喧嘩したり、助け合ったり
一つの夢を一緒になって追いかけることによる濃密な人間関係
バンカラな学生生活への郷愁
大切なことは早く走ることではない、強く走るこということ
そして同じ夢を追いかけていても頂点は人によって違うということ

一粒で何度でも美味しい
そしてオロローン

あなたは俺に、知りたいと言った。
走るってなんなのか知りたいんだと。
そこからすべてはじまった。
その答えを今ならあなたに返せそうです。
わからない。
わからないけれど、幸も不幸もそこにある。
走るという行為の中に、俺やあなたの全てが詰まっている。


これで正月の箱根駅伝は見逃せない

青山ほとり
無題

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moyuuta.blog52.fc2.com/tb.php/64-d10a7293

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。