スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29歳からの人生戦略ノート(第13回ビジネス読書会課題本) 

苦労して大学卒業後SAPジャパンに入社、入社以来『史上初』『史上最速』の抜擢を受け続ける著者は語る
【やりぬくことがいかに難しいことかはわかります。しかし、みんなやり抜くことができないから、いつかは自分にチャンスが回ってくるのです。
それに気づいてからは、いつか自分に回ってくるチャンスに備え、用意周到に準備をしておき、チャンスを虎視眈々と待つようになりました。
いくら素晴らしいスキルや知識があってもそれを活用する場がなければ意味がありません。
「あきらめないこと」ほど究極の戦略はないのです。】
29歳からの人生戦略ノート29歳からの人生戦略ノート
(2011/02/17)
金田 博之

商品詳細を見る


僭越至極の超要約
30歳を目前に控えた29歳は責任が重くなるとともに仕事が面白くなってくる時期
プライベートにおいて結婚、出産など向き合う人が増えてくる中、
昇進を機会に自分の人生について全く戦略を持っていなかったことに気づかされ
同時にその重要性を認識した
それをきっかけに『人生戦略ノート』をつくりはじめた。

実践方法は『今』を記録すること。
具体的には①今やるべきこと②将来目指すこと③自分が大切にすべきこと
これらを記録しすることでギャップをどう埋めるかがわかってくる。
この際どんな戦略でも実行、結果を評価、再び計画にフィードバックすることが重要
その際起点となるのは『成長日記』毎日の成功体験や次の目標、やりたいことを記入し『成長日記』=評価Cを起点にPDCA回路を回し改善を続けていくことでさらなる成長が可能となる。

拙者的感想
成功体験やストレスを記録することは人間は忘れてしまう動物なのでとても重要
かくいう拙者もPC上に記録を残していますが、志を忘れそうな時や、意欲が湧いてこない時など見直している
加えてあまりツールを増やさないようにしている
なぜなら頭が良すぎて、記録していることすら忘れてしまうから(笑)
本書では『成長日記』起点として『虎の巻』『ストレスノート』『人生計画ノート』
『実行約束ノート』『ビジョン決定ノート』それに派生して十戒、憧れリストetcなど数多くのツールがあり拙者的には2つか3つが限界だなと感じた
著者の言うように自分の出来るところから無理せずはじめるのがよいのでは
恐らく著者も長年ノート作りに真剣に取り組む中でかくの如き『金田ワールド』を構築したのではないかと思ふ

読書会ディスカッションから
『ノート作成』に関する、使用している文房具などについて楽しく意見交換をしました
皆さんこだわりがあるとともに、『ノート』に関しては努力してらっさるなぁ
特にMさんの『ノートを書く力は衰えるので、意識して鍛えています』というおな話しが胸に刺さりました 。
拙者のノートがダメな理由は、頭の回転が早すぎて手がついて行かない
などと、ざれごとを言っているバヤイではないのだ


今月の読まずに死ねるか!

Kさん 火車(宮部みゆき)
    すべてがfになる(森博嗣)
    指輪物語(トールキン)

Tさん わかりあえないことから(平田オリザ)
    影響力の武器 NJゴールドスタイン他


Mさん 夜と霧(ヴィクトール・E・フランクル)
    雪のひとひら(ポール・ギャリコ)


Sさん 責任という名の虚構(小坂井敏晶)

Yさん ハイパーインフレの恐怖(ジンバブエドル

Hさん 真っ白な噓(フレデリックブラウン

また悪筆過ぎるノートが読めず、どなたの『読まずに死ねるか』かわからない作品がありました どなたかコメントにてご教授下さいませm(_ _)m
  ↓

喪の途上にて 野田正彰
流転の王妃 愛新覚羅浩
悪筆悪酔克服ノート術 侍まこと 

それとKさんおすすめの『ある無名戦士の詩』って下の詩のことでしたか?

『ある無名戦士の詩』

大きなことを成し遂げるために、力を与えてほしいと、神に求めたのに、

謙虚を学ぶようにと、弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと、健康を求めたのに、

より良きことができるようにと、病弱を与えられた。

幸せになろうとして、富を求めたのに、

賢明であるようにと、貧困を授かった。

世の人々の称賛を得ようとして、成功を求めたのに、

得意にならないようにと、失敗を授かった。

人生を楽しもうと、たくさんのものを求めたのに、

むしろ人生を味わうようにと、シンプルな生活を与えられた。

求めたものは一つとして与えられなかったが、願いは全て聞き届けられた。

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、全て叶えられた。

私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ。

オロローン


恒例の一曲

人生劇場 鶴田浩二
鶴田浩二 
やーると思えばどこまでやるさ、ノート一つの人生じゃないか
ビートルズのブログもよろしく!
blogs.yahoo.co.jp/a5_12346

スポンサーサイト

コメント

なるほどですね(*^_^*)
  • [2012/12/11 02:21]
  • URL |
  • タロット占い クロ戌
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

素晴らしいですね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moyuuta.blog52.fc2.com/tb.php/65-064b5d3a

第13回札幌ビジネス読書会を開催しました(2012.11.23)

札幌で読書会を主催している社会人学び支援家の宇山です。 11月23日(金)勤労感謝の日に、第13回目となる札幌ビジネス読書会を開催しました。 前回は9名と過去最高の参加者だ...
  • [2012/12/04 17:10]
  • URL |
  • 札幌ビジネス読書会オフィシャルサイト  |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。