スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチング・言葉と信念の技術(落合博満)                 8月25日 札幌ビジネス読書会課題本① 

コーチング―言葉と信念の魔術コーチング―言葉と信念の魔術
(2001/09)
落合 博満

商品詳細を見る

本書もしくは昨年出版された『采配』を読むことが、昨日の読書会の課題でした
野球にそれほど興味がある訳ではなく、落合さんは三冠王をとったすごい人という程度しか知りませんでしたが、『オレ流』にはきちんとした理論的な裏付けがあるということがわかりました

読書会では理想のリーダーってどんな人?などについて話が盛り上がりました
その中でMさんのお話が大変参考になりました
・ぶれないこと(柔軟性は必要だがも理論的に説明できること)
・部下のことをよく見ていてくれること
・人望がある人 、ワンピースのルフィーみたいな人(何があっても仲間を助ける) 
無題
落合語録(オレ流・コーチング編)
・コーチは仕事を教えるものではなく、見ているだけで良い
・指導力のない者が、素質の高い者のの入り込んではいけない部分に入り、潰してしまう
・部下の置かれた立場を考え絶妙のタイミングで言葉をかける
・すぐに結果を求めるな大切なのは継続すること
・正しいやり方で他の人より努力を積み重ねることで成長できる
・感覚や時の勢いで物事に取り組む人は長続きせず成功しない
・欠点をなおすこと、それは良い部分が失われることでもある
・組織の上に立つものはマイナスの部分を他人に打ち明けたり、
感じさせたりすることは絶対に許されない

・部下が主体、理解して実行してくれなければ物事は前に進まない
・自分の部下を信頼できない上司はたいがい失敗している
・まず部下に腹の中のことを全部吐き出させよ
・過去に立派な経営者と言われている人は自分自身が看板だった
・自分に対して明確な目標を設定し、クリアしていくことでモチベーションは高まる
・周囲に目標を公言せよ、自ずとやるべきことが見えてくる
・他人との比較対照ではなく、自分が日々進歩していることを感じることが大切
・食事と睡眠が重要。無理をすると反動が必ず来る
・本当の自信とは感性を研ぎ澄まし、自分を洗脳することから生まれる
・試合に勝つという『目的』を優先させればしてはいけない勝負がある
・プレッシャーを克服するためには『やるべきことはやった』という実感を持つこと
・パーフェクトに近づくために時間と労力は惜しむな『練習量は嘘をつかない』
・結果が出なくても自分のたってきた『努力』までは否定するな
・チャンスはどんなかたちでやってくるかわからない、
だからこそ普段から真面目に努力すること
・人生で満点の回答はかけない。だから壁にぶち当たってもにげるな。
・結果がよかったから『ああ気分が良い』と眠ってしまう選手とホームランを打っても『明日はここを直さなければいけない』と自分なりに答えを出して次の日に練習する選手では大きな差がついてくる。

闘将、落合博満 を心のなかに刻み込みたい
ARB / 闘い抜くんだ ! (FIGHT IT OUT ! )
default_20120825114945.jpgdefault_20120825115125.jpg


ザ・パワー(ロンダ・バーン) 

理屈っぽい性格なこともあり、スピリチュアル系の書籍はあまり読んだことがありませんでしたが、ある人に勧めていただきました。
このような読書は自分の幅を拡げます。
ザ・パワーザ・パワー
(2011/04/27)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る

毎度僭越至極の超要約
・人は愛する時最強のパワーを使うことができる
・人生には肯定的なものと否定的なものがある
・肯定的なものを選択することで人生は素晴らしいものになる
・肯定的なもの(周波数)は肯定的なもの(周波数)を引き寄せる
・自分が幸せになり、他者に幸せあたえることが更に幸せを引き寄せる
・反射的な反応をやめ感情をコントロールすることで周波数は変えられる
・大切なのは今日どう感じるか、毎日毎日が人生の分岐点となる
・良い気持ちにバランスが傾けば(51%で可)あっという間に人生は変わる
・素晴らしい気分でいると肯定的な磁場が否定的なものの侵入を防ぐ

感想
【周波数】など、スピリチュアルな部分についての根拠などは敢えて言及しませんが、感覚的に納得できとても安心して読めました。
既存のビジネス書(EQ心の知能指数、7つの習慣、人を動かすなど)の影響も受けている印象で、自分としてはこれら名著の内容を実践するための方法論としてつかえるなと思います。繰り返し読みたい本ですね。

以下引き寄せるための方法論をいくつか抜粋しました。
・願望に対し愛をイメージ願望のリストを作ること
・良い感情を持ち意図的そのにボリュームをあげ集中すること
・願望を実現した後の自分を具体的に想像すること(フェイク)
・自分の願望を小さな点と思うこと(引き寄せに限界はない)
・悪い感情は【野生の馬に飛び乗ること】だと思うこと
(おりることで自分の悪感情を修正でき他人を悪く思わずに済む)
・電気・水道等すべてのものに感謝すること
(否定的な感情を除去し、豊かさを増幅する)

さぁ今日も愛に満ちた1日を過ごしましょう!
愛を感じる映像3連発!!
 プレゼント     限界LOVERS    赤道小町ドキッ 
default_20120826152154.jpg default_20120821000834.jpgdefault_20120819084856.jpg
続きを読む

「超」入門失敗の本質(鈴木博毅) 

先日の読書会の課題本でした。
二十数年前、銀行の新人くんだったころの頃、ミスは繰り返さないことと教育係のお姉さんにキツク教わりました。
今になっても、少し位失敗したほうが人間らしいと心のどこかで思う自分は、やはり厳しさにかけていると反省しきりの今日この頃です。
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
(2012/04/06)
鈴木 博毅

商品詳細を見る

本書(以下、”超入門”と略させていただきます)と失敗の本質(以下”オリジナル”と略させていただきます)の両方を読みました。”超入門”は2~3時間で読めたのですが”オリジナルは手強くその10倍くらいかかってようやく読了しました。
内容が難解というわけではなかったのですが地名、人名、日時などをが錯綜気味で都度地図などで確認しながら読んだためなかなか進みませんでした。

”オリジナル”について(超要約)
1章ではで大東亜戦争における日本軍の失敗例として、6つの作戦(ノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ海戦、沖縄戦)を取り上げ当該作戦を実施した、部隊・艦隊・上級司令部に焦点をあて組織論の観点から個々の作戦の失敗の原因について考察している。
2章では個々のケースに共通した日本軍の組織的特性や欠陥を抽出し分析。
3章では過去の失敗から現在の我々は何を教訓とすべきかが論じられている。
そして結論として【企業をはじめ我が国のあらゆる領域の組織は、主体的に独自の概念を構成し、フロンティアに挑戦し、新たな時代を切り開くことができるかということ、すなわち自己革新組織としての能力を問われている】と結ばれる。

”超入門”について(超要約)
”オリジナル”の最大テーマ【組織の自己革新】を受けながらも、これを単に解説するのではなく、数多くの資料を参考にし”オリジナルの組織論、日本人論を掘り下げ現状打開のための方法論を展開しており【組織の自己革新】は以下のように掘り下げられています。
・当時の日本軍の強みは技術的な優位性ではなく機械や兵器を扱う人の練成度を限りなく高めた強さであり、それは現代日本人にも特性として承継されており、【改善を続けることで生まれる洗練は、日本人が民族的文化として持つ美点の一つ】
 しかし日本人が得意とする『シングルループ学習』からはパラダイムを変換するようなイノベーションが生まれづらく、想定した目標や問題自体が間違っているのではないかという疑問・検討を持った『ダブルループ学習』を行う必要がある。

私的感想
この2つの学習法の概念について、具体的に日本人の特性として結びつけたことはなかったので参考になりました。
また日本軍が陥ったグループシンク(集団浅慮)や”空気”に流されやすい国民性など、会社で起こっている会議など意思決定の局面で何度か同じようなことがあった過去の経験を思い出し理解を深めることができました。
”超入門”1冊だけでもおすすめですが、2冊とも示唆に富んでおり、特に組織論に興味がある方は是非”オリジナル”も( ^ω^)_凵 どうぞ
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
(1991/08)
戸部 良一、寺本 義也 他

商品詳細を見る

失敗の反対は成功なのだ
サクセス 宇崎竜童&井上堯之
default_20120811203557.jpg

失敗学のすすめ(畑村洋太郎) 

試してみないとわからないことがありますよ。就職や結婚や新規事業だって
失敗学のすすめ (講談社文庫)失敗学のすすめ (講談社文庫)
(2005/04/15)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る

東大工学部名誉教授は失敗の必要性について以下のように説く
・人は行動しなければ何も起こりません。世の中には失敗をおをれるあまり、何一つアクションを起こさない慎重な人もいます。それでは失敗を避けることはできますが、その代わりに、その人は何もできないし、何も得ることができません。
・失敗のマイナス面のみに目を向けプラス面を見ないのはおかしい。マイナス面のみの見方こそが失敗を繰り返させまた、増長させて大事故を起こす
・人の営みを冷たく見る見方からは何も生まれず、暖かく見る見方だけが新しいものを産み、人間の文化を豊かにする。同じ失敗を繰り返さないためには失敗した当人に優しく接して勇気づけたい。翻って、失敗を無視し、隠し、責任回避するような風土を少しでも改めたい

企業風土を変えるにはトップの粘り強い意思表示が必要不可欠です
併せて失敗学会会員で元警察官僚が書いた『組織行動の[まずい!!]学(樋口晴彦著』もおすすめです。失敗の事例満載
【堕落した組織文化は重大な危機を招来しかねないことを経営者は強く自戒する必要がある】

組織行動の「まずい!!」学―どうして失敗が繰り返されるのか (祥伝社新書)組織行動の「まずい!!」学―どうして失敗が繰り返されるのか (祥伝社新書)
(2006/06)
樋口 晴彦

商品詳細を見る

バービーボーイズ ごめんなさい BARBEEBOYS (1987)
default_20120826154408.jpgdefault_20120805133123.jpgkommta
もう一度お詫び申し上げますBARBEE BOYS ごめんなさい

媚びない人生(ジョン・キム) 

著者は慶應義塾大学・大学院 政策・メディア研究科特任准教授 38歳
ゼミの学生に対しての最終講義【贈る言葉】を書籍化したもの。
社会に出ていく若者たちに対し自分を強くするための姿勢や考え方を説いている。
媚びない人生媚びない人生
(2012/05/25)
ジョン・キム

商品詳細を見る

内面から自己を変え、統制し、高い目標を掲げ、主体性を持って努力を継続することが大切。
絶対不可侵領域としての自己を確立しどんな状況でもそれを貫くこと、そうすることで瞬間瞬間の自分の思考や感覚に対する絶対的信頼感を持つことができる。
そうすることで権威に媚びず本来なりたい自分に近づける(僭越至極な超要約)。

類書のなかでは相当自分の感覚に近く、
【自己統制が不可能な5年超の計画は立てるな】【成功体験に縛られ枠組みの中で停滞せず環境を変えることでどこでも生きていける自信を得られる】など気づきも多くあり、高揚感を持って読了。
これから社会に旅立つ若者は是非読みなされ。良書です

ですがちょっとだけ言いたいことは
才能にあふれたエリート先生は若者には優しいが中年には手厳しい
漠然とした不安に負けない
【年配になっても漠然とした不安を抱くのは未熟の証拠と言わざるを得ない。過去数十年間、自分としっかり向き合い、自分を成熟させることを怠け続けた結果が、漠然とした不安につながってしまっているのである。】

根拠のない自信について
【強がりは成長したいという気持ちの裏返しででもある。素直な気持ちも大事だけれど、強がる自分も大事40代、50代になって強がっている人間はみじめに見える。しかし20代のの若者たちが強がり背伸びをしていると大人たちは応援したくなってくる】
へっつ、ジョンさん、君はまだまだケツが青いな
【根拠のない自信】って強がることだけではないと思うよ。
【根拠のない自信】のないところに根拠のある自信は積み上げられない。
【根拠のない自信】こそ、大切にし育てていくべきもの。
それに年寄りが強がるところはかっこいいぜ
RCセション エネルギーOhエネルギー
default_20120820001058.jpg
チクショー!百万馬力不滅のエネルギーそしてとどめだ

E.YAZAWA-止まらないHa~Ha
default_20120820001149.jpg
諭吉先生も草葉の陰で笑っています

人生を変える80対20の法則(リチャードコッチ) 

昨日2年ぶりくらいに少しだけ走りました。最初は体が重く衰えすらを感じましたが、10分位経ったことから頭の中からスーッとストレスが抜けていきました。
しばらくぶりに熟睡でき、体調も良好です。
人生を変える80対20の法則人生を変える80対20の法則
(1998/05/01)
リチャード コッチ

商品詳細を見る


80対20の法則とは、投入、原因、努力のわずかな部分が、産出、結果、報酬の大きな部分をもたらすという法則。
私生活においても、ビジネスにおいても最大のアウトプットを得られるものにシンプルかつ重点的にインプットすべき。
それに対し、大忙しのビジネスマンはTODOリストをこなすために【時間管理】に救いを求める。
ものごとに優先順位をつけ、計画をしっかり立て、ますます張り切って夜遅くまで残業し、同時にストレスをため込む。
だからこそ発想の転換が必要で、何が重要なのか選択することが大切だ。

以上がつたない超要約です。
リチャード・コッチさんは株で相当もうけていたようでバブりーな印象もあり、怠けて良い、好きなことをしなさいと言われても正直一瞬【ホントかよ】と思ってしまいました。
しかし論旨は良く理解でき、少し時間をかけて考えて、小さな器にすべてを詰め込もうとしている貧乏性の自分がいるという結論に達しました。
サラリーマン生活をしている現状で、20の効果的な行動をいきなり100にすることは極めて難しいと思いますが、20を21にし、いずれもっと増やすことはできそうです。
仕事のスキルアップ、健康増進、家族との絆、仲間づくりなど、やりたいことがたくさんあることは良いことです。
実行する前に本当に好きなこと、大切なことを一つづつ良く吟味、選択し、無理をしないで実行して、習慣化していきたいですね。
良書です
清志郎&チャボ サラリーマン
清志郎

夜と霧(ヴィクトール・E・フランクル) 

強いストレスを受けたり、落ち込んでるとき、悩んでるときに気分が良くなるクスリを知っていますか?
夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


第二次世界大戦中のユダヤ人収容所における生還が極めて難しい環境の中、精神科医は最後まで自分を失わなかった。
どんなに自由が無く、過酷な状況にあっても、自分がどのように思うかということだけは選択できる。
また苦悩に立ち向かい乗り越えることでしか、つかみ得ない経験がある。
そして今まさに苦悩に立ち向かうべき時だ。

自分を責めたり、不安になったり・・・
マイナスの感情につぶされそうになったときには、劣悪な環境の中、最後まで目的を持ち続けた先人に思いを馳せよう。
こったっらことぐらい大したことないべさ
と思うようにすると心に効きますよ。
こころによく効くクスリは何冊になったかな

悪い人たち(BLANKEY JET CITY)
defaultCAVUKEB6_20120819235826.jpg

【第二次世界大戦ドキュメント 】より
Alfred Hitcock (Holocaust Footage)
アウシュビッツ2.MP4

働く理由(戸田 智弘) 

宝くじが当たってお金を稼ぐ必要がなくなっても働きますか?
小生以外はみんな働くそうな・・・・
働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
(2007/07/12)
戸田 智弘

商品詳細を見る
今回の読書会はいつもと比べて年齢層が少し高く、自分を高めようという意識もひしひしと感じ、しげきになりますわ
因みに本日のファシリテーターは宇山しげきさん
お金があったら仕事するかどうかは悩みどころですが、繁忙な日常に突然エアポケットにはまったように暇になることがあります。実はけっこう不安になったりします。貧乏性ですね。夏が暑ければ暑いと文句を言うし、冬が寒ければ寒いと文句を言うし、君には二つしか季節がないのかと言われそうです。

本書で個人的に響いたのは第5章の【偶然を創り出す】
自分はわかりきった結果を求めすぎがちで最近どこか仕事がつまらなくなっていることに気づかされました。
【人生は見たり、聞いたり、試したりの三つの知恵でまとまっているが、世の中の技術者たちは見たり聞いたりばかりで一番重要な”試したり”をほとんどしない。ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。
みんな失敗を厭うもんだから成功のチャンスも少ない。】
本田宗一郎

読書会ではいつもいい本ばかりお勧めしていただいておりますが、この本は今までの読書会の課題本の中で一番好きです。続編も良いですよ

三百六十五歩のマーチ
365無題
『やすまないではたらーけ

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙(キングスレイ・ウォード) 

先日の読書会でHさんが
「やりたいことがたくさんあり、何から手をつけてよいか・・」
同じ20代女性Kさんからアドバイス
「迷ったら好きなことをやると良いですよ」
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫
(1994/04/01)
G.キングスレイ ウォード、G.Kingsley Ward 他

商品詳細を見る


本書はカナダ人実業家が20年間にわたり息子に送った手紙をもとに出版された。
17歳の大学への進学時から始まり経営を譲り渡すまで間、息子の成長に合わせた暖かく時に厳しいアドバイスがつづられている。
冒頭父親から
「成功するためには人生の目標を定めなければならない。まず目標を定め、次にそこに導く詳しい道順を考える」
「前途に目標が見えれば、人はつねに、それに近づこうと努力する。だから、自分が自分に定める目標は決定的な意味を持つ」
また大戦中ユダヤ人収容所に収容されていた、医師ヴィクター・E・フランクル博士の著書を引用し、
「人生が突きつける挑戦に対して、態度を選ぶ自由があることを知ってそれを行使するならば、君が人生の幸福を勝ち取る率は大きく伸びるだろう」
「幸運に恵まれたときも、不運なときも、断固として最善を尽くすことが人生の意味を深めるだろう。どのような未来に対しても、勇気と気品をもってたちむかうように」

若人よ是非この本を読み”ど真剣”に生きなさい
そして中年はそろそろ好きなことをさせてもらいまっせ!

ブルーハーツ 夢
defaultCAAJPRD5.jpg

20代で始める「夢設計図」(熊谷正寿) 

人生折り返しだなと思ったのは30代半ばを過ぎた10年前だったか。
自分は年相応に成長できたろうか?
「不惑」は程遠く、いったい何をしたいのだろうかすらよくわからなくなっている今日このごろ・・・
20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則
(2005/04/20)
熊谷 正寿

商品詳細を見る

先日の読書会での課題本でした。
本書の冒頭にある【夢は実現するより、見つけるほうが難しい】というのが【何をしたいかわからない人】へ最も著者が伝えたいことと思われます。
多くの自己啓発本にも同じことが書いてあり、今まで何度となく”夢”について考えてきたはずですが究極の夢はと聞かれたら即答はできません。
やらなければいけないと思っていることはたくさんありますが、それは本当にやりたいことなんだろうか?

読書会では本書にある「一生分の夢を書き出してみる」作業を実際に10分間に行いましたが20代の方たちの持っている”夢”の多いこと、多いこと・・・日本もまだ大丈夫かと安心しました。
自分はと言えば若い方の半分位の”夢”しか書き出すことができませんでしたが・・
これはこれでヨシ人生は後半戦、夢の中身は充実させないといけませんな。
Daydream Believer
default_20120820000508.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。